ジェネリック医薬品、未承認薬の個人輸入代行は、KAIGAI-DRUGにお任せください。
個人輸入代行KAIGAI-DRUG
▽ 医薬品検索 ▽
キーワード
商品カテゴリ

医薬品輸入には個人輸入代行を利用しよう

個人輸入には、多くのメリットがあります。個人輸入に不安がある方は輸入代行を利用することをおすすめします。
個人輸入を行う際には様々な手間が発生するのでしょうか。一部分をご紹介します。

言語の違い

海外のネットショップにアクセスし商品を購入する場合には、ネットショップの情報や商品説明は全て現地の言語で表記されています。日本語で説明や成分について確認することができません。英語の得意な方でも、薬の説明文は専門用語も多く含まれており、全文を正しく理解するのは困難であるといえます。表記内容を誤って理解した場合には、想像していたものと異なった商品が届いてしまう可能性があります。

さらに、そのような商品が届いてしまった場合には、商品の交換や返品に関しても、現地の言語を使用しなくてはならず、大変な苦労を強いられてしまいます。輸入代行サイトでは日本人向けに説明文も翻訳されており、薬選びに際に迷うことも少なくなります。商品の取り替えも代行サイトで行うことができます。

決済

海外の商品をネットショップで購入する場合、基本的にはクレジットカードによる決済となります。つまり、クレジットカードを持っていなければ商品の購入が難しくなります。また、信頼のおけるネットショップでなければ、決済をしても商品が届かない、知らぬ間に悪用された、といった問題が起きる可能性も考えられます。輸入代行ならクレジットカード以外にも支払いの方法を選ぶことが可能になります。

輸入規制

輸入には、様々な規制や法律が存在しています。したがって、それを知らずに輸入をすると法を犯すことも考えられます。仮に、日本では輸入禁止となっている商品を購入した場合は、通関手続きの際に破棄や没収され、購入した商品の受取ができないこともあります。このように、個人輸入を行う場合は、様々な問題が発生する可能性があります。
それは海外の薬購入にも共通していえることです。そのため、海外から医薬品を購入する場合には、個人輸入代行の利用をおすすめします。

当サイトは、その個人輸入をお客様に代わって行っております。当サイトでは、ピルや育毛剤など、様々な薬を扱っております。医薬品を個人輸入しようとお考えでしたら様々な問題を回避するためにも、ぜひ当サイトを利用してはいかがでしょうか?