ジェネリック医薬品、未承認薬の個人輸入代行は、KAIGAI-DRUGにお任せください。
個人輸入代行KAIGAI-DRUG
▽ 医薬品検索 ▽
キーワード
商品カテゴリ

薬と上手に付き合うための方法

薬が持っている効果を安全に引き出すためには、私たちが薬と上手に付き合っていかなければなりません。
そのため、薬との上手な付き合い方を知識として身につけておく必要があります。

服用のタイミングを守りましょう

薬を飲むタイミングには、食前や食後、食間、そしてその症状が現れたりした時に服用する頓服(とんぷく)があります。
したがって、しっかりとその服用のタイミングを守るようにしましょう。基本的に薬とは食後に服用するものである、という認識が強いですが、食後に服用しても効果を得られない薬もあります。

服用のタイミングが記載されているのにはきちんと意味があります。せっかく購入した薬を無駄にしないためにも記載されたタイミングを守りましょう。このタイミングを守ることができれば、薬と上手なお付き合いができるでしょう。仮に服用の時間やタイミングが記載されていなければ、栄養素の吸収率が格段に上がる食後30分以内の服用がおすすめです。

コップ1杯の水と一緒に服用しましょう

薬を服用する際、一緒に飲む水の量が少ないと、薬の吸収が遅くなったり低下したりします。そうすることで、効き目が悪くなる場合もあります。また、水なしで薬の服用をすると、食道や喉に引っ掛かってしまい、潰瘍や食道炎を引き起こすことも考えられます。

そのため、薬はコップ1杯の水と一緒に服用するようにしましょう。中には、食後のお茶やコーヒーと一緒に服用する方もいますが、お茶やコーヒーに含まれているカフェインやタンニンは、薬が持つ成分の吸収を妨げる場合がありますので、避けるようにしてください。

当サイトでは、海外薬の個人輸入代行をしております。当サイトでは、ED薬やダイエット薬をはじめ、チャンピックスやデパス、プロペシアなど、様々な海外薬をご用意しています。別ページでご紹介したように、個人輸入には様々な問題が発生する可能性がありますので、個人輸入代行業者を利用するのが海外薬の購入にはおすすめです。海外薬の入手をお考えでしたら当サイトをご利用ください。