ジェネリック医薬品、未承認薬の個人輸入代行は、KAIGAI-DRUGにお任せください。
個人輸入代行KAIGAI-DRUG
▽ 医薬品検索 ▽
キーワード
商品カテゴリ

個人輸入代行を利用するうえで知っておきたいこと

海外の製品を手に入れるために、個人輸入で製品を取り寄せたいと考えている方もいらっしゃると思います。自分で輸入するにしても、当サイトのような個人輸入代行サービスを利用するにしても、知っておきたいことがいくつかございます。ここでは、その一部についてご紹介いたします。

関税について

輸入に当たってどうしても度外視できないのが「関税」です。個人輸入するにあたって、「関税はどれくらいかかるのだろうか」という疑問をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、通常、個人輸入した場合は関税がかかることはありません。しかし、例外的に関税がかかる場合がございます。輸入量が多くなってしまい、料金が一定額を超えてしまった場合は、税関で関税及び消費税が課税される場合がございます。

輸入する量について

輸入量が大きくなることで関税が課せられる可能性があると申しましたが、輸入量についてもう一点留意していただきたい部分がございます。それは、輸入量の制限についてです。原則として医薬品の個人輸入が可能な量は2ヶ月以内となっており、それを越えた輸入は禁止されています。これは厚生労働省のガイドラインに明確に定められておりますので、個人輸入の際や個人輸入代行サービスの利用時にはご注意ください。

安全について

個人輸入品には、原則として安全の保障がありません。そのため、医薬品などを個人輸入して使用する際は、しっかりと商品の性質や取扱い上の注意点を把握する必要がございます。当サイトでも多くのピルやバイアグラなどの医薬品を数多く取り扱っていますが、医薬品の使用に当たっては専門の医師・薬剤師のアドバイスを受けたうえで購入することを強くおすすめします。

当サイトでは個人輸入代行サービスを行っております。先述の通り医薬品を多く取り扱っておりますので、海外医薬品をお求めの方はぜひご活用ください。