ジェネリック医薬品、未承認薬の個人輸入代行は、KAIGAI-DRUGにお任せください。
個人輸入代行KAIGAI-DRUG
▽ 医薬品検索 ▽
キーワード
商品カテゴリ

薬とサプリメントの違い

知っているようで意外に知らないことは様々なことがあります。薬とサプリメントの違いもそうではないでしょうか? 同じような形、同じような飲み方をするため、同じ物のように扱われることも多くありますが、明確に違う点がいくつもあります。
こちらでは、個人輸入の医薬品を利用する際にも知っておきたい違いについてご紹介します。

法律上の取り扱い

医薬品は服用すると人体に何らかの影響があるものです。そのため、取り扱いについては法律で取り決められていますが、扱いは国によって違います。日本国内で薬は「医薬品」、サプリメントは「食品」という扱いになっています。個人輸入をされる場合、世界各国で規制内容や範囲が違うケースがあることにも注意する必要があります。海外でED薬やダイエット薬として取り扱われているものでも、日本では医薬品として取り扱われない可能性があります。

使用目的

法律上の取り扱いが違うということは、薬とサプリメントの使用目的も違ってくるということです。
薬はある特定の疾病・症状に対して明確な効果・効能があると認められたもの。つまり、病気・怪我をしている時に服用するためにあります。それに対してサプリメントは健康の維持・増進が目的です。効果・効能は法的に認められていないため、病気や怪我の治癒を目的にサプリメントを飲むのではなく、普段の食事だけでは足りない栄養をサポート的に補給する場合などに活用します。
薬は病気になった後の治療のために、サプリメントは病気になる前の予防のために飲むという考えが一般的です。

服用期間・使用期限

薬とサプリメントは飲む期間が違います。薬は医師の診断のもと、病気の状態を正常に戻すために適切な量が処方されます。そのため自己判断で服用期間を変えるのも良くありません。たとえば、風邪が治ったと思っていても薬の服用を続けるかどうかは医師の判断が必要になります。
サプリメントは栄養補給のサポートが目的のため、指定されている用法を守れば、飲み続ける期間など全て自己判断に委ねられます。

薬とサプリメント、違いを知っていると、それぞれの重要性や必要性がわかります。ぜひ違いを把握した上で、お悩みの解決のために薬をお役立てください。
当サイトではインドのジェネリック医薬品などの個人輸入代行をしています。チャンピックスやデパス、プロペシアなどを取り扱っています。ジェネリックをご検討中の方などぜひご参照ください。