ジェネリック医薬品、未承認薬の個人輸入代行は、KAIGAI-DRUGにお任せください。
個人輸入代行KAIGAI-DRUG
▽ 医薬品検索 ▽
キーワード
商品カテゴリ

お薬手帳の賢い活用方法

最近処方せん薬局に行くとお薬手帳をすすめられませんか? 持っていない方も少なくありませんが、処方された医薬品や実際に服用したことのある薬の覚書として使えて、未来の自分の為にもなるため、一つあると便利な手帳です
こちらでは通販のジェネリック医薬品を用いる際にも活用したいお薬手帳についてご紹介します。

お薬手帳とは?

お薬手帳はこれまでに服用した医薬品の履歴、などを記録できる手帳です。具体的には調剤日や調剤薬局名、薬剤名、用法・用量、服用すべき日数、ジェネリックを選択したかどうかなどの情報が記載されます。
阪神淡路大震災や東日本大震災のような規模の大きな震災が起こった際は救助活動が難航しますが、お薬手帳を持っていた方には薬の処方など正確で迅速な救助活動・治療ができたことが普及を後押ししている背景にあります。

活用方法

処方せん薬局で医薬品を購入すると、お薬手帳にはその際に処方された薬についての情報が記載されます。厚生労働省がジェネリック医薬品の使用促進をしていることもあり、違う名前でも同じ効用を持っている薬が処方される場合もあります。記録しておくと医師の判断の助けになるため、診察時間の短縮にも繋がります。
また、薬には処方せん薬局で処方された医薬品だけではなく、バイアグラやレビトラ、シアリスのように通販等で個人輸入する方が多い薬もあります。処方された医薬品以外の薬、サプリメントについてもお薬手帳への記録が推奨されています。また、薬の効き具合や副作用など、感じたこと、実際の反応をメモしておくのも便利です。

正しい処方のサポート

お薬手帳は、これまでの既往歴や処方された薬の種類など、履歴が記入されていくものです。その薬を服用した際の副作用やアレルギーの有無も記載することができるため、初めて利用する薬による副作用やアレルギーリスクを軽減することができます。また、同時期に複数の薬を服用している場合、薬に含まれている成分によっては、飲み合わせの相性や効果の重複などがあるため、それらを防ぐ意味でもお薬手帳の利用が推奨されているのです。

当サイトでもバイアグラやレビトラ、シアリスを扱っていますが、現在病院で処方された薬を服用している場合、それぞれ飲み合わせがすすめられない組み合わせもあります。お薬手帳はそれを防ぐためにも活用できるもので、ジェネリックや個人的に購入した薬を服用する場合に、活用してみてはいかがでしょうか?